プロフィール

ワールド・ライン

Author:ワールド・ライン
所在地
山口県岩国市

業務内容
パソコン、周辺機器 販売
パソコン修理・サポート
パソコン訪問指導
インターネット訪問接続設定
LAN構築
Web企画制作
ネット回線、
プロバイダ取次業務
・NTTサービス商品
・TikiTikiインターネット

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
3905位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
社長ブログ
132位
アクセスランキングを見る>>
おすすめ商品

ウイルスセキュリティZERO(最新)|Win10対応

新品価格
¥1,582から
(2017/2/27 13:50時点)



マカフィー・ストア

ソフマップ・ドットコム

Gポイント

必須!リカバリーメディア(再セットアップメディア)の作成を!

この度、パソコンのご注文頂いたお客様から
リカバリーメディア再セットアップメディア)の作成依頼があり、
納品時に付属させる為に作成作業!

再セットアップメディア作成

お客様からパソコンの修理のご依頼がある時に
場合によっては購入時の状態に戻さないといけない場合があります。
その際、必ず必要なのはリカバリーメディア再セットアップメディア)です。

数年前まではパソコンの付属品としてリカバリーメディアは付属してたのですが、
今はハードディスク内にリカバリー領域があり、
そのリカバリー領域を使って、パソコンを購入時に戻すのが主になってます。

ただ、それが出来るのはハードディスクに破損が無い場合です!
ハードディスクが破損してるとリカバリー領域が使えません。

そうなるとリカバリーメディア再セットアップメディア)を
メーカーから購入する事になります。
しかし、メーカーによってはリカバリーメディア再セットアップメディア)の
販売も打ち切ってるところもあり、
メーカー修理として受付ている状態です。

リカバリーメディア再セットアップメディア)を購入するにしたって、
メーカー修理へ依頼するにしたって、
結局思った以上の費用が掛ります。

パソコンのハードディスクが破損しないという保証はありません。
パソコンを購入した際は、必ずリカバリーメディア(再セットアップメディア)を
作成する事をお勧め致します。
今は、DVD-RCD-RだけではなくUSBメモリーでも作成出来ます。
それにDVD-RCD-RUSBメモリーの費用しか掛りません。

是非、リカバリーメディア(再セットアップメディア)の作成を!





 にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

スポンサーサイト
THEME:パソコン修理・サポート | GENRE:コンピュータ | TAGS:

富士通パソコン 2017春モデル & 周辺機器 チラシ完成!

各メーカーより2017春モデルのパソコンが続々と発表されました。
当店でも頑張って、販売してまいります!

各メーカー、取扱っておりますので、お問合せ下さい(^^)/

もっと自由に楽しむパソコン


裏面はお店や事業所様向けの周辺機器をご紹介しております。

ここ最近、私の一押しはLS220D0202Bです。
ハードディスクなどの故障でデータ復旧のご依頼も多いですし...
その辺、LS220D0202Bなら2ドライブなので、
設定(RAID1)で1つのドライブにデータを保存すれば、
自動的にもう一つのドライブにも保存してくれます。
これで大事なデータを失う事を防ぐ事が出来ます。

ビジネス機器セレクション


訪問据付設定作業なども承っておりますので、
お気軽にご連絡下さい。(^_^)






よろしければクリックをお願いします<(_ _)>
 にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ

THEME:パソコン関連お役立ち情報 | GENRE:コンピュータ | TAGS:

2013年第1四半期 世界パソコン出荷状況

今朝方、Twitterで気になるTLがあったので、
読んでみました。

市場調査会社の米国IDC(International Data Corporation)
公表したパソコン市場の調査によると、
2013年第1四半期(1~3月)の世界パソコン出荷台数が
前年同期より13.9%減、1994年以降最大の落ち込みみたいです。



Windows8でパソコン市場は回復するかと思いきや、
逆に市場を減速させていると言われている。

○2013年第1四半期 メーカー別 世界出荷台数
 1位:hp(米国)     1199万台(-23.7%)
 2位:Lenovo(中国)   1170万台(  0%)
 3位:Dell(米国)     901万台(-10.9%)
 4位:Acer Group(台湾)  615万台(-31.3%)
 5位:ASUS(台湾)     436万台(-19.2%)

     その他:     33,07万台(-10.0%)

○2013年第1四半期 メーカー別 米国市場
 1位:hp         357万台(-22.9%)
 2位:Dell        307万台(-14.4%)
 3位:Apple        141万台( -7.5%)
 4位:東芝        127万台( -5.2%)
 5位:Lenovo       127万台( 13.0%)

IDC発表資料(英語)

東芝がなんとか頑張ってますね(^_^)

日本国内でもタブレット端末の販売台数が前年より
大幅な成長をしている一方でノート型パソコン
デスクトップ型パソコンは大幅に減少しているという。


ただ、自分は思うにビジネスなどで使用するにはノート型パソコン
デスクトップ型パソコンは必要。
今まで通り、お客様の声を聞き、
ニーズにあったパソコンをご提供させて頂くしかないですね(^_^)


パソコンに関するご相談は当店にお任せ下さい。



 


THEME:日記・日誌 | GENRE:コンピュータ | TAGS:

ワールド・ライン

Facebookページも宣伝


TikiTikiインターネット

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART





マウスコンピューター/G-Tune